境内のご案内

本殿
本殿
本殿の造りは流造瓦葺で1530年(元亀元年)に創建され、亀塚古墳(前方後円墳)の前方部分に鎮座しています。

石段があり一段高い所に鎮座しているため、鳥居の位置から裏手の社叢を背にした外観が参拝者の皆様に荘厳な雰囲気を感じていただけているようです。


神楽殿
神楽殿
例大祭には太々神楽奉納され、祈年祭には日本舞踊奉納と余興が行われます。

社務所
社務所
社務所は本殿の左手にあります。以前の社務所が老朽化のため、平成7年に氏子崇敬者の皆さんのご協力で改築いたしました。

社務所にて御守りや御神札などの授与品をご頒布しています。不在の際はお手数ですが宮司宅までご連絡下さい。

手水舎
手水舎
長寿の神水です。
生まれ歳の十二支杓を使用し、心身清々しく参拝すると願い事を叶えてくれるでしょう。

恵方神社
恵方神社(福巻寿司祈願祭)
毎年二月節分に、その年の恵方を向いて、福巻寿司を無言で食べる祈願です。
寿司の中身は、当地区特産物干瓢その他全部で五品入っております。
常には、ここの恵方に手を合わせて招福・開運を授かって下さい。

御利益 厄除八方位除・家内安全・身体健全等

夢福神
夢福神
遥か遼遠の頃から中国では、「貘(バク)」は龍と
並んで霊獣として人々の信仰を集めています。
私たちの悪い夢(厄)や、鉄・青銅(武器)を食べて、良い夢(幸福)と、平和な世界を与えてくれる
「貘」の化身が夢福神(ゆめふくじん)です。
県内の九ヶ所の神社に夢福神が鎮座されております。
それぞれの夢福神には特徴があり、当社は健康長寿です。
また、九ヶ所の夢福神をお参りすると九難除けが成就されます。

大杉神社
大杉神社
大杉神社の御神輿が町内(氏子区域)を巡行するお祭りです。
約17kmを巡行するとあって、徒歩部隊は大変です。特に水の神様で水害を除けるお祭りです。
210日の嵐除けともいわれております。

境内末社
境内末社
八坂神社(道案内の神様です。良い方向に導いてくれるでしょう。)
天満宮(学問の神様。就活にも良いでしょう。)
稲荷神社(食物の神様。今では敷地神としてが多く各家に奉られることが多い。)
白山神社(男女の神様で縁結びの御利益があります。)

亀塚古墳
亀塚古墳
 亀塚古墳は、姿川西岸の台地上につくられた前方後円墳です。
墳丘の全長は55m、後円部の高さは約6mあります。
現在、前方部上には社がまつられていますが、近年行われた測量調査から、墳丘部は築造当時の姿を残していることが判明しました。
 また、亀塚古墳の特徴としては、県央部の大型の古墳にみられる基壇と称される墳丘第一段平坦面を幅広くつる技法がみられません。
 平成2年度と15年度に本墳の周溝調査が行われ、幅約6m、深さ1.5mの周溝が墳丘の周囲をめぐっていることを確認しました。
 発掘調査からは埴輪や土器等の出土がなく、亀塚古墳の築造時期を決定することはできませんでしたが、周囲の古墳群の状況から本墳も古墳時代後期(6世紀後半代)に築かれた古墳と考えられています。


このページの先頭へ

磐裂根裂神社
〒321-0201 栃木県下都賀郡壬生町安塚1772-1
宮司宅 0282-86-2618